カレーですよ4422(御徒町 デリー 上野本店)まよわずコルマカレー。

御徒町のモンベルに行きました。少し前に注文品が届いたとの連絡があったのでね。

足痛いんだけどほっとくとキャンセルになっちゃうのでねー。

 

 

カレーですよ。

 

 

注文したのはおきにい入りのアウトドアテーブル「モンベル マルチ フォールディング テーブル ワイド」のオプションの「マルチ フォールディングテーブルワイド ボード」。天板の下の棚板です。

一時期売り切れていてもう再生産ないのかなあ、と思っていたら公式サイトにアナウンスがあったので購入。お店着指定をしたので取りに来ました。

かわいいステッカーがあったのでそれも一緒に。シールすきだなあ。つい集めちゃうんです。

モンベルでウェブ注文したときに、店着の引取という方法があるのを知って店舗一覧を見たら御徒町店があってね。そうか、御徒町!という感じで店着注文。

そんなこんなでクルマで御徒町。注文した時は足を痛めるとか思ってなかったんで。それで、クルマ。

 

いつもの交番裏のパーキングメーターに止めてモンベル 御徒町店。無事注文品を受け取りました。

で、いつもの交番裏のパーキングメーターってなに、ということなんですが、もちろんいつも止めるそこは。

 

「デリー上野店」

 

によるときに止める場所。

ここまで来たら足を引きずってもやっぱりデリー。それはもう何というか、引けないよね。コルマーであるあたしとしては。

ひさしぶりのデリー、中途半端な時間でも立派な客の入りは老舗の貫禄を感じさせますね。とはいえ16時半という難しい時間帯なので行列はなしでご機嫌です。

 

「コルマ」

 

注文。水曜日だったのでタンドリーチキンドライカレーがあって一瞬だけ迷いましたが、初心貫徹。

さあ、コルマ。もうね、色々いうのはいいかと思い始めてるくらいずっと食べ続けています。

タマネギ焙煎の深みと甘さと苦味とか。田中社長が言っていた「コルマはインドカレーなどで使うスパイスの王道を外したミックスで作っているんです」とか。

すごく大事なんだけどもうそんなことはいいくらいお皿に集中してしまいます。

今日はちょっと、食べ方失敗かなあ。

コルマの構成はどでかいチキンの塊りぶつ切り3つ、それにじゃがいもの4割りをひとつ。あとはコルマソースで出来上がっています。

これをご飯とタマネギアチャールとバランスさせながらフィニッシュを目指すわけです。

わたしが割と大事に思っているのがジャガイモの役割。チキンは大きいし3つ入ってるし、そもそもコルマのソースを楽しむために食べるので実はお肉は重要視していません。

そういうながら食べるといつもうまいなあ、と思うんですが。

ジャガイモをどのタイミングでどんなん分量で挟んでいくかで勝負が決まると思っています。場面展開の切れ目的に使うんです。

あと、チキンは大きいだけにコルマソースが減っているのを気がつくためにはちょっと気をつけねばいけない存在でもあります。

勘違いするんだよね。まだいっぱいカレーあるし、、、ってチキンばっかり残ってる!みたいな。

チキンは美味しいので全然いいのですが、コルマソースのあの濃い味と比べるとやっぱり気をつけねばならんと褌を締めなおす感があるわけです。

コルマね、いうことがない。食べ始めると恥ずかしながら思わず笑みが出ます。

玉ねぎのアチャールとキュウリのピックル(意外と言及する人が少ないが、上出来なのよ)を楽しみつつがつがつとコルマを食べ進むこの時間。何とも幸せな時間です。

この日は最後にチキンの大きいのと一つ残してコルマソースを使い過ぎ、最後の一口はチキンになりました。うむ、負けた気がする、、、

 

きょうは食べている間にカウンターが丸々空くという珍しい光景を見られました。こりゃあめずらしい。

それと小冊子の「うえの」が折からのコロナ禍で紙版が今止めているようでスタンドにウェブでお読みくださいの文字がありました。そうかあ。

そうそう、帰りがけにカウンターの端に5〜6個のお弁当箱。みれば「タンドリーチキンドライカレー弁当」です。うーん、たまらず一つ購入。

いや、その場にあったら買わないわけがない。しかたありません。

 

ああ、お楽しみができちゃった。帰ろう、帰ろう。