カレーですよ4544(本厚木 バングラデシュ料理 メグナ)厚木バングラ。

本厚木駅の裏手、相模川のそばにあるバングラデシュ料理の店があったんですよ。たまたま発見。

ちょっと商店街から外れる場所だがクルマ通りの多い街道沿いにあるんです。数台おける駐車場もあるので便利です。

 

 

カレーですよ。

 

撮影の仕事で丹沢とかそこら辺あたりの人のいないよさそうな場所ないかなあ、というロケハンと場所あったらその場で撮影!とかそういう感じで本厚木あたりにおりました。

出るの遅くなっちゃったからな、ここらへんでお昼ごはんだな。あ、ワークマンあるじゃん。郊外に出たら行った先で必ずワークマンによるのはもうクセになってます。思わぬ掘り出し物にあたったりするんだよ。地域が変わると売れ筋が違ってたりするから。

さて、

「バングラデシュ料理 メグナ」

 

というお店。

そんなこんなでワークマンでちょっといいもの手に入れちゃったりして、さてお昼どうしようかな、というところで通りかかりました。駐車場も空いてるし、スーッと車を入れていいじゃない。さて、と。

 

感じのいい店主さんがお水を出してくれます。

バングラデシュらしい料理を選ぼうとメニューをめくります。ベグンジョルという表記があるぞ。ベイガンジョールのことだねこれ。気になるねえ。フィッシュマサラ、これもらしいメニューだろうねえ。ビリヤニもあるようだ。いいね、いいね、なかなかいいぞ。

そのなかからバングラデシュミールのセットにも名前が上がる、

 

「ビーフマサラ」

 

をえらびました。これと、シンプルにごはんを注文です。

念のため店主に「パンとごはんとどっちによく合いますか?」と聞くと、やはりごはんという答えが返ってきます。バングラデシュはごはん食の国なのだよね。そうなんだよね。

さて、ビーフマサラ。

トマトベースで肉の旨みと脂のふくよかさ感じるちょい辛カレー、という感じです。セットもあってそちらにも心惹かれたのですが、如何せんおなかの具合がそれほどではなかったのでね、シンプルにカレーとごはんとしたんです。

味自体がシンプルで素朴なことに好感を覚えます。おいしいな。他のものも食べみたいな。

ご店主が優しそうなバングラデシュの人で日本語が上手で感じが良いんです。

トルカリの話やジョールの話を質問をぶつけてみたら答えてくれました。こういうの、とても楽しい。

もう少しおしゃべりをしたかったなあ。

とはいえこの日は撮影仕事。お日様の高さと競争だ。さて、山に入らねばね。