カレーですよ4425(甲府 一刀斎)大事に思っている甲府のカレー専門店。

新型コロナウィルス蔓延の影響のなかで出掛けることが難しかった期間がありました。まだまだ油断できません。

そんな中、少し心配していたお店があります。大事に思っているお店です。やっとまたここに来られた。

 

 

カレーですよ。

 

 

折からのコロナ禍で個人飲食店は人気店、普通の店問わずで青息吐息、この機会にと店をたたむ老店主の店も少なくないのがつらいのですが、現実です。

それでとても大事に思っている甲府の名カレー店、

 

「一刀斎」

 

が心配だったんです。

どうかな、何事もないといいんだけれど。大丈夫かな。

クルマを隣にある大きな駐車場に入れて、お店の前まで行くと。

うん、心配は杞憂。ちゃんと営業しててくださって、いつも通りにいつもの味を楽しむことができまし。ああ、もうこれだけで尊いことだよ。

それで、いつもの階段を上がって、いつものほの暗い店内に腰掛けて、頼んだのはいつもの、

 

「チキンカレー大盛り」

 

です。

コールスローも頼んだんだけど例によって売り切れていました。

この売り切れもなんというか、名物的で注文が通ればうれしいしラッキーだし、売り切れだと、うむ、またいつも通り、という謎の安心も得られるのです。なんだろうこの感じは。

さて、カレー。

 

正しくニッポンのカレーライスの味の一等菜のチキンカレー。

なのですが、ここのカレーはサラサラの仕上げ。これが一刀斎のカレーの世界、なのです。ブイヨンの旨味が舌と心に染み入ってくるのがうれしい。

コロコロとした鶏肉はおやおや、舌でつつくとほどける感じでこれはちょっとたいした仕上がりだよね。これも毎度同じく思います。

ご飯の味もいつもながらしっかりしていると感じます。実はこれが満足につながるキーだと思っているんですよ。

いつも思うのですが、甘あじの要素が強いカレーは好きなんだけど、甘いから好きとか甘味が旨味とかそういうことではなくて、バランス。バランスです。

塩味と旨味で決めどころ、エッヂを立てたカレーソースに甘味と旨味、香りををたっぷり含んだおいしい白米を合わせて初めて完成。このバランス。これが完成系の一刀斎のチキンカレー。ご飯あってのことなのです。

そういうスタイルも心に染みる良カレー。余韻が柔らかに残る大変よい食事だったねえ。

 

そんなでしたが、それでもまだ心配だったのは、席の本文ほどの間引きで安全な営業をされているのに土曜、13時少し過ぎでお客さんがぼちぼちだったこと。

うーん、ピークをいったん過ぎて凪の時間であったのなら、これはもうわたしが幸運なだけなので、それならいいのだけどね。

安全だし、なによりこの味とこの空気を無くしてはいけない。

近くの人はどんどん通ってくださいね。わたしも時間を見つけてまたいきますからね。