カレーですよ4574(西千葉 マボロシカレー西千葉店)珍しく揚げ物のせカレーをチョイス。

西千葉駅のそば、線路沿いに小さなカウンターだけのカレー専門店がありました。懐かしきカレースタンドの雰囲気も感じられる、しかし新しめの店。

 

 

カレーですよ。

 

 

定期的に千葉方面に火急の用事があるので、そして都内城東地区に住んでいると必然、お隣の県で近いのは千葉となります。それでわりと千葉には頻繁に行くんですよ。

山とかそういう場所で写真、動画を撮りたい時は、以前は西荻窪だったんでそのまま20号を使って高尾山から向こう側、山梨行くかの気分でした。

未だそっち方面が強く好きなんですけど千葉の頻度も上がってきています。

 

「マボロシカレー」

 

という名前、地図で見つけて、おや、なんか聞いたことあるぞ、と思ったんですが、なんとなく関係はないっぽい。それはおいといて、カレー食べに入ります。

注文方法が注文表型自己申告制とでもいいましょうか。

用紙にチェックボックスがあってそれにペンでチェックを入れて店員さんに渡すという方法です。

目の前に張り紙でその旨書いてあったんですが、普通に口頭で注文して店員さんにに訂正されます。そう、こういうものなんだよ。わたしも飲食を10年ほどやっていたのでわかります。わかるよ。お客はね、店の張り紙などちっとも見ていないんだよ。自分の経験から判断して行動するんだよ、ランダムに。

わがままではなく、そういうものです。そういうふうに10年で達観しました。

さてと、用紙に書き込んだ注文は、

 

「チキンカツカレー」

 

です。

出てきたチキンカツカレーはこういう感じ。

カレーソースはあまから系ジャパニーズカレーライスに着地させていますね。最後まで飽きずに食べられる良いものだと感じます。

福神漬けをカレーソースの上に着地させてあるのはね、これは好みが分かれるだろうな。わたしはどちらでもいいと思っています。

チキンカツをカレーソースにひたさない盛り付けはとても嬉しい、ありがたい。ここは自分の好みでやりたいんですよね。

ほら、ころもがバリっとしてるのが好きな人とそっちは気にしない人がいるじゃない?それと、カレーがよこにあるってのにソースがかけたい人(あたし)。

そういうひとはカツを独立させて食べたいと思ってたりするのでカレーがかかってると切ないなあ、と思うわけです(あたし)。

ここんちはカツ類のためにテーブルにソースが置いてある。嬉しいサービスです。

これ、置くところと置かないところ、きれいに分れるんだよね。店主のポリシーが出ます。

実はちょっと難ありと感じたのは揚げ物の衣に苦味を少し感じるところでした。フライヤーの油交換を推奨したいです。

これもコストがかかるので大変なんだよ。でも大事な部分でもあるよね。

学生が多い町らしいカレーライス店で気に入りました。また寄ってみよう。

次はは違うメニューも頼んでみたいです。