カレーですよ4488(新宿 パトワール)深夜のお弁当。

新宿のパトワールは甲州街道沿いにあります。ちょうど幅広の甲州街道をまたぐ歩道橋の真下にあります。文化女子大学の隣、という位置。

そんな場所なので駅から少々遠いこともありクルマで立ち寄ることがよくあります。

 

 

カレーですよ。

 

 

そうなると当然店内で食事と言うわけにはいかず、お弁当を買うことになります。たまには店内で食べたいと思うんだけど、実は店内では食べられない、店内メニューにはないお弁当がラインナップされていて、それが大のお気に入りなんです。なので店頭で少しまって作ってもらってそれを買って帰ることが多いですね。

いや、買って帰るのではないのだよ。クルマで、外で食べるのです。そういうのが多いです。

大体深夜が多いですが、

 

「パトワール」

 

に寄る時はそのまま甲州街道を調布まで走りガソリンを入れて中央道に乗ることが多いです。車線の下り側に店があるから、というのもあるかもしれません。

そうなるとお弁当を食べるタイミングは大体いつも八王子の手前。石川パーキングエリアにクルマを入れてそのままお弁当を食べることになるわけです。これがどうにも癖になっているんですよ。

この日は結局持ち帰って翌日部屋で食べたんだけどね。眠い時はそういうのもあります。

パトワールの

 

「C弁当」

 

はどうにも抵抗しがたい魅力があるのです。大変にくせになるおいしさで、なかなか他の店で代替えが効かない。そういう味なんです。

C弁当の楽しみ方というのがあります。C弁当を知っている人なら頷いてくれるんじゃないかなあ。

いわゆるキーマカレーと言うジャンルに属するわけですがその名前のイメージとはちょいとかけ離れているんだよね。どちらかと言うとひき肉よりもトマトソースが勝っていて主役になっています。かといってさらさらのものではないんですよ。たくさん入っているシャキシャキとした玉ねぎが良いアクセントになります。これ、好き。

ご飯の上、4分の3に敷き詰められたキーマカレー。残りの4分の1の部分にサラダが乗ります。基本はキャベツスライスで、他に少々色気のための野菜が刻まれたもの。ここに甘いドレッシングがかけられるのですが、そのドレッシングが下に敷かれたご飯に染みてそこをつたってカレーの下にも滲み出ていくわけです。このドレッシングが染みたご飯とカレーとを一緒に食べるのが、これがもう大変においしいわけですよ。もちろんサラダ部分をカレーと一緒に食べるのも良いものです。

この夜店主のカーンさんは不在。残念でありましたが店頭にカーンさんの娘さんが焼いているバナナマフィンが売っていました。これも1つデザートでいただいてきましたよ。

以前カーンさんに聞いたらこのマフィンの売り上げは直接娘さんのポケットに入るようなんです。それで、見かけたら必ず買おうといつでも思っています。カーンさんにはいつでもよくしてもらってるので、娘さんにお小遣いを、というわけです。

カーンさんは人好きのする男でわたしがお弁当を買いに訪ねて行くととても喜んでくれてなかなか返してくれないんですよ。おしゃべりをしたりその時その時で変わるサービスの料理を出してくれたりと、そんな引き留め工作をなかなか振り切ることができないでいます(笑)それがとても楽しいんですよ。

また中央道に乗るときは必ず立ち寄ってみよう。いつも通りがあるって素敵なことです。