カレーですよ4562(レトルト デリーオンライン カラヒ)老舗の変えてはいけない味と変革の尖った矛先。

ご存知、デリーオンラインで買うことができる、通称「田中社長シリーズ」(命名あたし)から、カラヒを食べました。別袋お肉付きなんですよね、これ。ポークのいい感じのがカレーのパウチのは別パックでついてくるんです。これがなかなかにうまいのですよ。

 

 

カレーですよ。

 

 

これ、このシリーズはみんな食べてるわけじゃないんだけど、どれも面白いよねえ。

田中社長の興味とその時々の流れを見ながら次々と面白いカレーを考案、製品化してくれます。

いわばこれはデリーの実験工房ですね。そんなふうに思ったら出るたびに買わずにおれなくなりますよね。老舗の絶対的なスタンスと味は変えようもなく、変えてはいけない。けれど革新がなければ、変化がなければ時代を越えての存続は叶わない。そういうスタンスと熱量が伝わる良企画の製品群。

そんな場所からやってくるカレーです。

 

「カラヒ」

 

は小鍋のことだったかな。パキスタンスタイルの小鍋でそれにちなんでカラヒ料理なんていう言い方をすることもあるのだとか。

さて、デリーのカラヒ。びりりと辛くて豚がうまい、というのが全体の印象です。

噛み締めるとうまいタイプの豚のブロックの大きいやつが入ってるうれしさよ。脂がまたうまいんだよねえ。豚は脂だよねえ、とひとり嬉しくなるわけです。幸せになるわけですよ。

カレーソースはオレンジ色のオイルからよい香りがあがって、辛さのキレも良くて、で気分いいお味。茹で卵など添えてみましたが、そういうもので素直に辛さがスッと引く素性の良さも透けて見えますね。なんというか、玄人っぽい作りのカレーだなあ、と感じます。

とはいえもちろんどんな人が食べても美味しいと感じるはず。おすすめできます。

ストックしておいて幸せになれる一袋だねえ。(これは2袋のセットだけど)

また折りを見て買わねばいけないな。

田中社長のブログには開発時点から先行して情報が出てくるので見逃さないようしたいものです。

あれ読んで食べると美味しさひとしお、なのです。

 

https://www.delhi.co.jp/bossblog