カレーですよ4554(水天宮前 マイカリー食堂水天宮前店)カニの足はみ出すプーパッポンカリー。

 

さて、今日は何があるかな、と期間限定カレーを目指してやってきたこのおみせ。チェーンですが、結構なお気に入りで頻度高くやってきます。

 

 

カレーですよ。

 

 

そのお店とは、松屋グループのなかのカレー専門チェーン店。

松屋自体がカレーにこだわり社長が率先してカレーに力を入れているという話も聞こえてきます。

 

「マイカリー食堂」

 

わたしは利便性から水天宮前のマイカリー食堂をよく利用します。

さて、到着して店頭を眺めれば。おや、マッサマンカレーの次はプーパッポンカリーか。あれ、メニューポスターにカニのハサミがはみ出しているけどこれ、、

 

ということで、

 

「プーパッポンカリー」

 

を注文。券売機でボタンを押しました。

ここ、マイカリー食堂水天宮前店は券売機、モニターに番号表示、呼び出し、というセルフシステムの店です。店内、カウンターは衝立をしてあり安全に気遣いがあります。

さあ、カレー。出てきて驚いたよ。

ほら、みて、ちゃんと渡り蟹のの半身が入っているじゃないの。なんということだ!

値段二度見の780円、ですよ。それでこれだ。おやおやおや、やってるなあ。やるなあ、すごいなあ。

そして食べれば2度びっくり。うへー濃厚。こりゃすごい。渡り蟹が半身入るこのビジュアルの強さとともに脳みそに衝撃がやってきます。

もともとプーパッポンカリーはプー(カニ)パッ(炒め)ポン(粉)カリーなので、ココナッツミルクは入るもののあまり難しい味にはなっていないという構造で、それゆえにタイ旅行に行く日本人に大人気のメニューなんですね。日本国内でも認知度がずいぶん上がりました。

タイカレーだから、と躊躇している人たちにも安心の味なんだよ。カニの風味が強く満足感も高いし、いいと思う。カレー粉味なので福神漬けも違和感なしでこりゃあなかなかおもしろいですねえ。狙いも落とし所もうまいところにあってそれがきちんと成功していると感じます。いいね、いい。

そしてここはマイカリー食堂。トッピング次第でプーパッポンカツカリーとかプーパッポンハンバーグカリーとかの日秦ハイブリッドのヒドイ(ほめてる)やつも自分で構築可能。その可能性は果てしないのです。

なんだこりゃすごいないいじゃないか。